比較サイトを利用してfaxdmを選ぶ

靴底をすり減らして営業に駆け回るよりも、現在は効率的に営業を行う方法としてfaxdmが多くの企業に取り入れられています。faxdmなら一軒一軒に尋ねて回る必要がないので、天候や時間にもあまり左右されず、また反応の全くない所へ何度も通うという事もありません。今までは利用していなかった企業でも、他の企業からのfaxdmを受け取る事で自社にも取り入れようと考える事もあります。しかしそこで、どの様にしてfaxdmを取り扱う会社を選べば良いのかが分からないという事も多くありますので、faxdmを取り扱う会社を比較し分かりやすく選ぶ方法をお伝えしていきます。比較サイトなどもありますので、自社の求める条件を明確にしながら探していくと、案外簡単に希望の会社が見つかります。先ずは比較サイトの見方から学んでいくといいです。

faxdmサービスには選ぶ際のポイントがいくつかある

自社がfaxdmに求める条件がどんなことか、それを把握した上で比較サイトを見ていきます。選択するためにポイントとなる項目は、価格や配信内容.頻度に名簿管理方法などがあります。価格は言わずもがな配信の際にどのくらいの価格でやってもらえるのかで、例えば初期導入費用がかかる業者もかからない業者もあります。ほとんどの業者は初期費用無料という所が多いですが、大手になると初期費用がかかる場合もあります。ですが、だからと言って大手以外が必ず良いというわけではなく、やはりネームバリューがある分他にメリットがあるのです。他に基本料金と言って依頼の度に料金がかかるのか、未配信エラーとなった場合も料金請求があるのかなど、各業者によって違います。配信単価もそこそこで違うので併せて確認して下さい。

サービス項目が多くあてはまる協力的な業者を選ぶ

料金以外にもfaxdmを利用するにあたり、クレーム処理をしてくれる業者や全く対応しない業者が分かれ、原稿に不備などがあった場合配信キャンセルを無料で行える業者と、そもそもキャンセル不可の業者もあるなどサービス項目が多数あります。原稿などはWordやPowerPointなど形式に限らず配信してくれる親切な業者ならばいいですが、FAX送信がTiffという形式でなければできないので、それを依頼する側自身がやらなくてはならない業者もあるので注意して下さい。更に原稿の大きさがA4以外にも対応してくれたり、原稿にアドバイスをくれたり代行で作成してくれたりと、やってくれるところは沢山のサービスを行っていますので、どの程度のサービスが必要なのか比較サイトをしっかり見る必要があります。