知っておきたいfaxdmの比較サイトの利用法

企業などに対してfaxでダイレクトメールを送るfaxdmは、宣伝効果が高く費用を抑えて広告を送ることができる宣伝方法として注目を集めています。しかし、企業単体が就業時間内に多くの企業にfaxを送信するには時間がかかり、人件費などのコストもかかることになります。そこでfaxdmのサービスを行っている企業に発注することで、コストを抑えながらダイレクトメールを送ることができますが、サービスを行っている企業はいくつもあり、どの業者に依頼すればいいのか悩んでいるという会社もあるでしょう。そういったときにおすすめなのが、faxdmのサービスを行っている業者の比較をすることです。利用料金や原稿作成のサービス、大量発注した場合の割引など、業者によって異なるサービスを比較サイトで利用することで、自分の会社に合った業者を見つけることができます。

faxdmサービスのメリットと比較する方法

faxdmはfaxを利用することでダイレクトメールを送信することができるサービスですが、利用するメリットはどのような点にあるのでしょう。まず、faxdmはほかの媒体と比較したときに開封率が高いというメリットがあります。メールでdmを送信した場合は件名だけで読まれることなく削除されることもありますが、faxであれば相手に届けば必ず目にしてもらうことができます。一瞥するだけでも内容に目を引かれれば、送信した直後でなくても問い合わせがある可能性が高まります。またほかの媒体と比較したとき、1件5円から10円ほどで配信することができるためコストを安く抑えることができ、1時間あたりで1万件程度の送信が可能なため、短時間でdmの配信を行うことができます。もしメリットを理解した上でサービスの利用を検討するのならば、比較サイトで比較してみましょう。

faxdm業者を比較するときの注意点

faxdmサービスの利用を検討する場合、どのような点に注意して比較をしていけばいいのでしょう。まずはどれくらいの費用がかかるのか確認することが重要です。ただ配信サービスの料金が安いから費用も安いというのではなく、配信以外のサービスも含めて比較していくことが大切です。例えば、原稿を作成するときに効果の高い原稿へのアドバイスをしてくれるのか、原稿作成に関するポイントを教えてくれるセミナーが開催されるなど、配信以外のサービスが充実しているのかも含めて比較していきましょう。料金やサービス以外に注意しておきたい点が、その業者が保有するリストの件数です。いくら料金が安くサービスが良くても配信する相手企業が少ない業者では、問合せの件数も少なく最終的に1件当たりのコストが高くなってしまうこともあります。faxdmの業者を比較するときには、料金やサービス、リストの保有件数などを見ていくようにしましょう。