faxdmの比較サイトのおすすめの利用法

faxdmとはファックスを利用したダイレクトメールのことです。メールでは担当者の方にだけ見るという形になりますが、ファックスで送ることで、送り先の社内の方たちが目にする機会がメールよりも増えることになります。このようなサービスは代行をしている会社が多く、比較サイトも多く存在します。このようなサイトはお金のやり取りがあるから紹介しているのではないかと思われると思います。しかし逆にかえせば、それだけの資本があるともいえます。また悪質な業者をサイトが掲載していた場合、口コミサイトなどを見ればわかることなので、それらを掲載することは非常にリスクが高いことになります。また多くのサイトを巡ることで、同じ会社を目にすることに気付きます。つまりそれだけ利用者の多い会社であることが伺えますし、安定感があるともいえます。

faxdmの比較の基準のひとつは金額

faxdmを比較する際、何を基準にするのかと言えば、まずは金額です。こちらは初期費用、基本料、レンタル料、送信料、宛名印字料、リスト代金など様々な名目があります。ただ結局はトータル金額の問題になりますので、初期費用や基本料金が無料だからといって安いとは限らない点は注意が必要です。また割増料金や配信単価など1件送る際の単価と、送信されなかった時に返金があるのか等も確認が必要です。また送り先のリストをどれほど持っているのかという点は大変重要です。こちらから送り先の名簿を持っていく形をとることもありますが、その際の料金も発生することがあります。細かくお金がかかることがあるため、まずは大ざっぱにそれらを計算する必要があります。見積もりの金額、合計金額など、最終的な額が書かれている事が多いため、まずはそこから比べてみてほしいです。

faxdmは比較だけでなく信頼も大切

金額や、送信できる相手先の数というものも重要ですが、実際に配布されるデータも重要です。大体の原稿はA4サイズで書かれています。このデータ量の多さに制限がある場合もあります。また文書データだけでなく、表計算ソフトなど色々な形式での入稿が可能であること、完成原稿を会社に依頼して、数分後には配信が開始されている、1件の配信が早く、1時間で1万件以上配信できるなど、色々とfaxdmには比較する点があります。最後には配信を確認でき、かつ明瞭な金額であることなど、信頼という点が大切になります。特定商取引法によって、規制されている事項があります。その点に関しても注意を払っているかも気を付けたい点です。個人消費者への送信はできませんし、拒否されている場合に再度、送ることも止められています。選ぶときに難しい点もありますが、口コミサイトなども利用して、信頼できる会社を選んでほしいです。